珍宝館(H14.10)

K子とのはじめての流しには絶対、秘宝館と温泉があるところって決めていた。ヤフーで「関東 秘宝館」とサーチワードをいれてクリック。けっこうありますねぇ、しかも温泉とセットで。
そして私ち(当時は埼玉県民)から丁度いい距離、温泉、お勧め度120%の素晴らしい秘宝館があった。
それが今回の伊香保温泉です。秘宝館の名前は「珍宝館」
b0031715_1255227.gifここは何が素晴らしいかというと、自称神の使者こと「万長(まんちょう)ちん子」です。1度会ったら忘れられない人物です。

それではエンフィに乗ったまおとビラーゴのK子で珍宝館に行ってみましょう。
------------------------------------------------------------
本当に流し日和でバイクトラブルもなく「珍宝館」に着いた。バイクを端に止め券を買いに行くと誰もいない。
ちんこさんは先の団体客相手にお宝の説明をしていたのだ。その声が笑い声とともに聞こえる。
そして珍宝館に入るのを嫌がってたK子はちんこトーク(なんかやらし)をきいて入ってもいいかなという気持ちになってる。まぁ、K子、写真でも撮りながら待ってようよ。
b0031715_12593972.gif

伊香保 珍宝館
群馬県北群馬郡吉岡町上野田3366  0279-54-5956

営業時間 9:00~17:00  入場料 800円 (H14.10月現在)


------------------------------------------------------------



券売り場&お土産売り場を覗くとポットやらTVなんかがあって、かなり生活感がある。
しかし何故か「JAGER」と書いた紙の下に立派な鍵が下がってる。これはちんこさんの車だろうか?ちんこさんはJAGERがどんな車か知ってるのだろうか?ちんこさんはどんな人だろうか想像が膨らむばかり・・・

ちんこさんが一仕事終えて戻ってきた。うちらは心も体も準備OK、お金を払うと滝で待っててくださいといわれた。
滝ってこれは・・・そのまんまやんけー。
b0031715_1328088.gif
さて、ちんこさんがきて説明が始まりました。

ちんこ「この近くに夫婦岩というのがあり・・・」
まお ???
ちんこ「それをここではち○こ岩とおま○ちょ岩といいます。」             (○には同じ文字が入るよ)
まお (きたーーー、きゃー。)
ちんこ「彼氏はどうしたんだい?」
まお 「うーん、お留守番。ね、K子」
K子 ・・・・・・
ちんこ「あら、これ見るとおま○ちょがうずいちゃうのよ、大丈夫?濡れてる?」
まお (えっ)

ちんこさんはうちらが動揺してるのもかまわず、エロトークをかましてく。ちんこさんをよく見ると黒のパンツ、白のポロ・・・そこら辺のおばちゃんのような仮のお姿。
顔は仏頂面で淡々と珍宝ワールドに落としていくのです。

ちんこ「これからあなた達が濡れますように、彼氏が立ちますように祈りましょう。」
ちんこ「ちんちんまんちょ、濡れますように立ちますように・・ゴニョゴニョ。」

ちんこさんは手をあわせてる私たちの股間をちょいとさわって「濡れてるわね」とおっしゃいました。

大抵の秘宝館ちゅうのは、マネキンや動く蝋人形なんかあるが、ここにはりません。その代わりエロな造形をした自然石が無造作にこれでもかというぐらい転がってる。こんなもんどこから拾ってくるのでしょう。
b0031715_13404559.gifb0031715_13411366.gif
いくつか説明を受け、建物の中に入った。なんだか無意味に広いです。
b0031715_13442334.gif
ちんこさんが目玉トークにしている大皿では、お約束のち○この指差し棒で説明してくれた。
ちんこ「この般若は女の裸で作られてます。何人いるかわかりますか?」
まお 「10人かな?」
ちんこ「あら、残念。(指差し棒で数えて)正解は12人。当たったらハワイ旅行なのに・・」
写真の左下にあるものはお土産の「ち○こ飴」で、それを手にもち、
「お土産にどう?SMLあるから丁度いいの選んでね。サイズが合わなかったら一週間以内に返してね。」だそうです。

うちらが笑ってると、隣りの木の股から太いぼっこを掴んでグイと引き抜いた。
b0031715_13475857.gifまお 「ひゃー、ち○こになってる」
ここでのエロトークは記憶にないです。だた、トークが終わり、ぼっこをズボッと元に戻したとき「あう」って声が出てしまいました。
b0031715_13553215.gifちんこ「この人形下から覗いて御覧なさい。」(画像はこのままじゃお見せできません)
2人でしゃがんで見ると、リアルでした。そして・・・ちんこさんは消えていた。
見事な消え方だ!

館内で二人きりになったのでお宝を無言で見て回ったが、彼女がいなくなってからは大した物には見えなく、ほこりを被っててちと汚い。b0031715_1481146.gif
b0031715_1483411.gif
b0031715_1443574.gifb0031715_1445561.gif
春画をよく見てみると結合部分にメッシュのテープが張ってあるが、ところどころ剥がれてる。ハンドメイドぼかしが涙を誘います。
声が反響するぐらいの広い館内(よく見ると納屋を改装したぽい。)を出て、鯉の泳ぐ池で休んだみました、ふぅ。

ちんこさんが次の客を連れてやってきました。説明を聞いてると私たちの時と違う、お客のTPOに合わせてるに違いない。
暖かい陽だまりの中、ちんこトークをきいて身も心もぬれぬれ・・もといだるだるになり夫婦岩を見て外に出た。
お土産にちんこ飴とオリジナルのハンカチを買いました。
------------------------------------------------------------
観光バスの運ちゃんに聞いたとこによると、2代目ちんこさんだそうです。最初の頃ははずかしかったらしい。
また、珍宝館は自営秘宝館でかなり儲かってるんだって、で、●税したとかしないとかも教えてくれた。
それからもし、行かれる方がいたら団体で行かれることをお薦めします。
ちんこさん、自作マイクをつけてすごく張り切ってります。トークも全然違う。
ちんこさんは男だろうが女だろうが全員の股間を触ります。
暑い日も雨の日もきっとお客に合わせたエロトークをするんだろうなと思ったら、それだけですごいと思います。


最後にパンフに書いてあるありがたいお言葉で締めましょう。

この世に生まれてきた限りしなきゃならないことがある




Blogランキング、応援お願いします。
[PR]
by t-odekake | 2004-11-13 13:21 | その他のお出かけ